2016年08月 - ふろんてぃあ日記
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
シクレツイート
ギルド優先依頼
天廊武器シミュレータ
ブログランキング
モンスターハンターフロンティア・攻略ブログ
公式バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもこんばんは、KIAです。
きのう書いた情報に誤りがありましたので早速訂正記事です。

まずは辿異防具について。

前記事では

①既存スキルを強化する辿異スキル発動
②スキル枠の拡張

二つの効果があると記載しましたが、実際には②の効果も①に内包されていました。



つまり

辿異スキルによってスキル枠が増えるのであって、スキル枠増加自体は辿異防具の特性ではない

ということですね。



当然スキル枠増加の辿異スキルを持たない辿異装備を装備してもスキル枠は増えません。
これは少し所ではなくかなり残念な仕様かも・・・。

ニコ生では
①辿異スキル
②スキル枠増加
といった形での紹介でしたので、勘違いされた方も多かったのではないでしょうか(仲間探し)

スキル枠増加が欲しい防具には別のスキルがついてストレスになりそうな予感がひしひしと・・・・。


ポジティブに解釈するなら、ほかの辿異スキルも相応に強力なものになるという見方もできますが、既存スキル強化ということで他部位装備を選びますし柔軟性に欠ける装備群になってしまいそうですね。




そして、もう一つ外装装備について。
これに関してはほぼあってたんですが、使用について新たなことがわかりました。

外装装備は使い捨て

ということです。

つまり外すときは破棄するとき、というわけです。


これはもう今からでも仕様変更してくださいと、切にお願いしたいところです。
そもそも使い捨ての装備ってなんだ。

生産には別途素材が必要ということですしね・・・。
課金でも出すんだから、使い捨てってのはどうなのかと。


これに関してはかなり荒れそうですね。
私個人的な感情としては、怒りというよりは失望という感じですかね。

凄くZへの期待感が薄れました。なんかやってくれそうな感じがなくなったというか。
今から要望だしたら仕様が変わったりしないかなぁ・・・。


ブログの背景もろもろ変えてみました。
どうでもいいところだけ手が早い。

※著作権的に普通にアウトだったので戻しました。
なぜやったのか・・・。

どうもこんばんはご無沙汰しております。KIAです。

最近いろいろ疲れておりましてブログの更新さぼっておりました。
ルコとか真秘伝とか情報だけは追っていたんですが・・・。

たまたま暇だったので久々の更新ということに。
という感じだったのですが、まさかの一記事更新するのに日を跨ぐという謎の事態に。

ニコ生の直後から編集開始したんだけどなぁ・・・。



さて本題。
MHF-ZはG1ほどではないにしろ、大きなアップデートになりそうです。


まずは、前々から情報が出ていた新しい型「極の型

既存の型の上位の型としての登場です。
これまで新武器種にしか存在しなかった抜刀ダッシュが全武器に実装。

それに伴う新たなモーションも含め多くのモーションが実装されるようです。
双剣のモーション見るとある程度空中でのモーションというのもありそうかも?




ただし気になるのはある程度多様さを持っていた各型がすべてこの型に集約されそうな点ですね。

特に思ったのはガンランス。新モーションは爆竜轟砲のさらに上位の砲撃ということでしたが、それだとヒートブレードが全く使えないということに・・・。他にも穿龍棍など各型でモーションが全く違う武器種も気になるところです。


既存の型に上積みする形で型を習得するようなシステムになるのかな?
それだと地・天・嵐すべての型に新モーションが追加されるということに・・・。

そうなったらかなりうれしいですが、なかなか期待できるものでもないのかなぁ。


まあ続報を待つしかないですね。




お次は「辿異種

新たな種としての実装ですが、烈種や始種のように専用のモンスターがいるというわけではなく既存モンスターの強化になっている様子。

第二の特異個体という印象でした。辿異種より辿異個体の方がしっくりくるような気がしないでもありません。
G級版変種という考え方もできますけども。

肝心のモンスターたちは大幅な変化を遂げておりました。


種としての特徴は特定の部位が大きく発達している点。
エスピナスなら角、リオレウスなら翼とそのモンスターを象徴するような部位が大きく発達しております。

ダイミョウザザミが金属質に見える爪を打ち付け火をおこしたり、ヒプノックが歌ったりとユニークな部分も見受けられました。


生放送では発達した部位には希少素材が仕込まれているという不穏な発言も。
確率的には大丈夫とのことでしたが、全く信用できないうえに部位破壊は歯ごたえのあるものになっているとのこと。

これは面倒な匂いがプンプンするぞ・・・。

動画で見る限りモーションはFらしく派手なものになっていそうで楽しそうです。
ある程度敏捷な動きになっている感じもしますが、ハンター側も極の型で走り回れるのでストレスは少なくて済むのかな?

実装される辿異種はまずは8体。
発表されたのはナス・レウス・フルフル・ザザミ・ヒプノックの5体なのでもう3体は続報待ちですね。



そして新たな種がいれば新たな武具ができるのがモンハン界の常。
辿異武器」「辿異防具」も当然登場します。

辿異武具は武器防具共通の効果で

①既存スキルを強化する辿異スキル
②装備数に応じてスキル発動上限を拡張



の二つの効果が発動します。
これまたスキル構成に飛躍的な変化をもたらしそうな・・・。


一つ目の既存スキルの強化とは剛種系統のランクアップではなく、纏雷や閃転といった特定のスキルを強化するような形になっています。

今日の発表では纏雷なら時間延長、閃転なら攻撃力上昇量アップとなっていました。
これらのスキルがどういった形で配置されるのかは不明です。遷悠のように各モンスターで固定になっているのか、それとも部位ごとにランダムなのか。前者だったらまだ組みやすそうですが・・・。


2番目のスキル枠拡張もすさまじい効果ですね。武器も含めた一部位で1枠拡張されるようです。
最も恩恵を受けそうなのは始種武具かもしれません。

始種防具+G3部位+辿異防具で12スキルが発動可能。

始種系統の長らくのネックだった枠の問題が解決されれば武器スロットの関係もあって担ぎやすくなりそうです。

ただ枠としては辿異防具の性能次第なので何とも言えないですね。
遷悠との兼ね合いもあるので2~3部位が限界かなとも思いますが、性能次第では4部位5部位なんてことも・・・?


辿異モンスターは初っ端から8体登場するので性能はともかく多様性という点では十分なものになるかと。
ただ、辿異スキルまでこだわりだすとかなりスキル構築がかなり難しくなりそうです。




そして歌姫守衛戦にも新たに動きがありました。
その名も「歌姫守衛戦・真説

真説て・・・。今までは偽説だったの?

というどうでもいいいちゃもんは置いといて。

歌姫守衛戦、今のところは入魂祭のようにとにかくモンスを狩りまくるようなシステムですが、それに加えて猟団の仲間でモンスターに挑むようなイベントが加わるようです。

拠点に迫るモンスターとたたかう、拠点防衛イベントになっております。

ちょろっと出てたシステムを見ると、ボードゲームのような地図上にモンスターの位置、ハンターの位置、アイテム?の位置が示され、戦略的にどこに行くかを選択していく必要があるような感じでした。

といっても枝分かれなんてほぼなく、とにかく回転率重視のMHFではモンスに直行安定な気がしますが。

アイテムの立ち位置が強力サポートなのか、救済なのかで変わってきそうなところですね。


先頭面では守衛部隊という新たなNPCが加わり、5人以上での狩りになるようです。
また、先頭に直接参加するわけではないですが、歌姫が現地に同行するようで、こちらも何かありそうです。

襲い来るモンスターも一体ではなく複数で、連戦仕様になりそうです。


5人以上の狩りにもやっと来てる部分もあるのですが、連戦って部分が面白そうですね。

一回で大量の素材出してくださいね^^

ただしこれ、猟団限定みたいなんですよね。
同盟は?ねえ同盟は?ねえねえねえ

人口減少で人不足で悩んでいる猟団が多い中ちとつらいイベントになってしまうかもしれませんね。


猟団に関しては歌姫のいる特殊猟団部屋も実装される予定で、ここでしか効果を発揮しない歌などもあるようです。
ううーん、RP要求されんのかな?

同盟部屋みたいなのも作ってくれるとありがたいんですがねぇ・・・。



そして、最後に外装装備の実装が発表されました。
いわゆる見た目装備というやつですね。

多くの人が待ち望んでいた機能ではないでしょうか。
ただし、話はそう甘くない。というか、なんでこういう部分で予想の斜め上に行っちゃうのか不思議でしょうがない。

まず、外装装備≠ロビー装備である点。
多くの人がロビー装備でクエに出発できると思ったんじゃないでしょうか?

実際には新たに実装される、性能を持たない装備「外装装備」を装備する必要があります。。

台湾版ではロビー装備で狩りに行けるというのになぜこうなったし・・・。

また、パッケのおまけに付属する外装変更用アイテムが「エヴォル生産券D」なるものから予想するに、今所持している装備とは別に性能を持たない外装装備として新たに防具を生産する必要がありそうです。

おそらく既存の防具と同じデザインの外装装備が用意されるかと思いますが、外装用にまた同じ防具を生産しなければならないというのは、少し印象が悪いですね。

課金防具に関しても、外装装備生産券がデフォで付属するわけではなさそうですし、外装装備として課金装備を販売する形になるのかもしれません。

もう少し、簡単なシステムだったらなぁ・・・。

せめて外装装備の素材は簡単にして欲しいところです。



あ、忘れてましたがもちろん新たなモンスターも登場します。
今回はベル骨格。ムービーの最後の方でちらっとお目見えしてましたね。

黒いベルといった感じで、フォロのような鳥竜種ではないでしょう。
ドラのようなベルとの関連モンスとしての登場なのか、全く関係のないモンスなのかはまだ不明です。

それから、新フィールドも。
水辺が多く、白い岩肌に多くの滝。植物も確認できたので自然の多いフィールドになりそうです。

また、崖が多く入り組んだ地形になってそうな感じもしましたね。この辺りは高地や峡谷と似た印象です。



今度こそ最後になりますが、PS4が新たにMHFに対応するようです。
CSアカウントは当然共通で使用可能なので、CS民にはうれしいですね!

PS4は性能的にもかなりハイスペックと聞くので、PC民ともラグなく遊べるんではないでしょうか?
まあ、SSD搭載PS3の時点でほぼラグなんて気にならないレベルだったんですが。

HGEにも対応すると思うので、下手なPCよりも快適にプレイできそうですねー。
PCはともかく箱やwiiU民も移住可能にできれば・・・と思うところもありますが、カプコン以外の会社が絡むことなのでなかなか難しいでしょうね。



というわけで今回出てきた情報はこのくらいです。
ニコ生の方針としては、MHF-Zそして来年の10周年の展望ということだったので新たな要素のみの発表だったのかなと。

休止している天廊なんかの情報は出ていませんでした。
また振り返りや反省は別枠で24時間でも何時間でもやるとのことなので待ちましょう。

肝心のアップデートは11月9日。
最大限の準備をして待ちたいところです。


どうもこんばんは、KIAです。
ジンオウガ亜種実装されましたが、なかなか楽しい相手ですね。

最近戦闘曲使い回しなのが気になりますが、金がないのかな・・・。


動きとしては原種をベースに一部モーション改変&新モーションですね。
蝕龍蟲がなかなかいい具合に鬱陶しいです。

原種の雷光虫とは違って一定時間ふよふよと漂ったあとハンターめがけて飛んできます。
ホーミング性能はないもののピンポイントで飛んで来るのである程度動きがある武器でないと対処が面倒。

また、当たると蝕龍やられとこれまた大変な状態異常に・・・。


mhf_20160804_060531_467.jpg


蝕龍やられになると、ダメ&アイテムロスト&切れ味減少&龍属性やられの四重苦。
根性は貫通されるし、切れ味落ちるし、回復アイテム持っていかれるしで非常に厄介です。

ウチケシの実で治せる(未確認)と思うんですが、なかなか持ってくのが面倒です。
自然治癒も確認しましたが条件は不明です。回避なのか走ったのが良かったのか、時間経過だったのか。

ただし、龍属性ヤラレと同様に龍耐性高めていけば、完全に無効化できるので対処は割と簡単だったりw
パト子も蝕龍やられにこそならないものの龍属性やられになると麻痺が出なくなるので龍耐性+30を付けていくのが良さそうです。

また、ニフラムも健在。
オウガ亜種ニフラム

原種とは違い、力を貯めるような動作(龍光状態に移行する時と同じ動作)から咆哮して飛び上がり着地と同時にニフラムを展開。ハンターを打ち上げ削り殺してきます。ニフラム範囲外にも龍光の落雷で攻撃となかなか厄介。

なんですが。
原種に比べ圧倒的に長い予備動作と、飛び上がりから着地までの時間の長さから回避はかなり容易です。

納刀してダッシュしてるだけで範囲から外れることもできますし、ダイブで避けるのも割と簡単。
若干の隙があることと範囲外に落雷があることから、ダイブのほうがよさ気な感じはありますね。避けそこねたら死にますけど。

さらに原種より龍光状態が解けやすく、そもそも見る機会も減ってるので大分脅威度としては下がってる印象です。



そして、討伐用の装備ですが。
今のところ一番楽なのはT属性片手剣でした。

雷の通りがかなりいいらしくペインキラーで楽に倒せます。
尻尾も切れるのはかなりありがたいところ。

また雷の次点が水のようで天翔属性もいい感じです。

逆に相性がやや悪かったのが地の型穿龍棍ですね。
極み吠えると同じ空中対策を持ってました。ただ、常時ではないらしく条件は不明。

見間違えの可能性も無きにしもあらず・・・?

属性の通りが良いということで属性連撃砲なんかも良いかもしれません。
まぁ、うちの団の皆さんは普通に殴り殺してるみたいですし、そんなに工夫のいる相手でもないのかな・・・。

場所も塔と連戦にはありがたい場所で助かりますね。雪山のはブランゴがいてやや面倒。
サブタゲも背中破壊が難易度高いので割りきって普通のやつをやってます。

結局いるのは遷悠玉と部位破壊素材ですからね・・・。
尻尾と角集めてれば良いかーと。

そして部位破壊といえば
vlcsnap-error646.png


お猫様。部位破壊報酬2倍は美味しいです。


というわけでご苦労竜でした。
戦いやすくてなかなかいい感じです。




どうもこんばんは、KIAです。
先週はリアルの都合もあって、IN自重しておりました。

狩人祭中にINすると入魂がね・・・。
また来週から10月くらいまでINが微妙になる模様。

ブログの方はやっていきたいとは思ってますが、INできないとモチベーションが上がらないので更新止まってしまうかもしれませんが大目に見てやってくださいませ。


先週もブログにコメントくださっていてほんとにありがたい限りです。
過去記事も見てくださっている方がおられて嬉しいやら恥ずかしいやら・・・。

黒歴史っぽい記事もありますからね!



んでは、今週のいろいろを見ていきたいと思います。

まず狩人祭。

勝ち組は蒼竜組でした。経過とか全然追えていなかったのでどんな祭だったのかはわからないのですが、蒼竜組の皆様おめでとうございます。
かくいう我らがレオニードも蒼竜組!

勝ちクエなど存分にお楽しみ下さいませ。
覇種素材欲しかったずぇ・・・。


ただ一つ目玉であった総入魂数は1.68億魂と残念な結果になってしまいました。
ジンオウガ亜種等考えるとかなり残念ですね・・・。

人口もやばいんでしょうかね。




また、極限征伐戦が今週までとなっております。
終わってない方はレベル1だけでも終わらせておくべし!



そしてなんといっても今週はジンオウガ亜種がやってきております。
セリスィシリーズも派生してますし鬼連戦で離脱する前に作っておきたい・・・。

また、実装記念として遷悠ブーストが1日10回発動するようです。
いつもそれでいだろ!、と誰もが思ったはず。

またうまくえも配信です
bandicam 2016-08-03 19-16-34-351

武器制限が辛いところ・・・。
特に真ん中は秘伝持ってないのがね。

ただサブタゲあると報酬減少が少しは緩和されそうですね。

頑張って回したいところ。


とはいえ今週はジンオウガ亜種くらいしかめぼしい物はございません。
集中できるというか暇というか・・・。

とにかく頑張ろう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。